Menu

年末特有の雰囲気が漂う

2014年12月6日 - 日記

年末と言う時期は、他の時期には無いどこか浮ついた雰囲気というのを

子供の頃から何とはなしに感じてきていました。

日本と言う国は四季の国で、それぞれの季節特有の雰囲気と言うのがあります。

夏には夏の、冬には冬の。

しかし年末から年始にかけては、どこか特殊なそれがある気がします。

イベント目白押しで何かに追われ、浮かれている年末から

ものすご~くダラダラした年始に至る流れと言うのは神がかっています。

ところで四季の国と言いましたが、勿論季節のある国は日本だけではないのですが

その季節ごとに風情や情緒を感じると言うのはほぼ日本特有だそうで、

だからこそ四季の国なのです。

ですが、年末年始が特別な空気を持つのは万国共通なようで、

日本の雰囲気もそれで上書きされてこうなるのではないでしょうか?

吹雪で外に出られないと、本当に余計なことを考えてしまいますね。