Menu

離婚の原因で最も多いものとは?

2015年12月8日 - 日記

離婚の原因と言うと浮気や金銭問題などといった原因が多いように思えますが、実は、性格の不一致と言った理由での離婚理由がトップと言って良いほど多くなっています。

その場合、どちらかに不貞行為と言った事もなく、はっきりした理由がない場合も多くなってきます。借金問題や不貞行為と言った浮気などの場合、夫婦一方に離婚原因が明確になる為、離婚の話も進めやすく、また、慰謝料と言った請求も行いやすくなっていると言う事が言えます。

しかし、性格の不一致の場合、はっきり、どちらが悪いと言う事が言えず、結果的に離婚においての期間が長くなてしまう場合も少なくありません。

例えば、奥さんの方が旦那さんとの約束を守らないといったような場合、奥さんにもそれなりの言い分があり、旦那さんにも離婚理由に当てはめる事ができるだけの理由があります。その為、話し合いの場を設けたとしても、話し合いが平行線に終わる事も少なくなく、それによって、離婚に向けての話し合いが長期戦になってしまうのです。

また、その上、お子さんがいた場合、もっと話し合いは面倒な方向に進んで行く事が多くなっています。性格の不一致と言う事では、両親ともに親としての能力がある事になってきます。その為、双方が子供の親権を申し出た場合、親権争いも行う事になってくるのです。

話し合いで決まらない場合は、双方が弁護士事務所に相談に行き、その後、家庭裁判所に判断をゆだねる事も少なくありません。そうなれば、離婚が成立するまでの期間は、もっと長期になってきます。

長期間に及ぶ、離婚調停などは、体力的にも金銭的にも大変になってくる事が多く、そのような事からも離婚は大変だと言われている原因のひとつになっています。

浮気などと言った不貞行為、借金問題などと言った金銭問題のようにはっきりとした理由なく、性格の不一致などと言った離婚理由は、最も多い離婚理由な上に最も離婚に対して大変な場合が多い理由になっていると言う事も言えるのです。

その為、性格の不一致による離婚を決意した際は、長期に渡る場合がある事を踏まえた上で、離婚に踏み切る事をお勧めしたいと思います。だからと言って、誰しもが長引くといった事はありません。

またこれから具体的に離婚を考えている人は離婚相談ができるweb siteも参考にするといいでしょう。