Menu

孫息子との砂遊び大会

2016年2月17日 - 日記

娘が孫を連れて我が家によく遊びにくる。

2歳の孫息子は、元気を持て余しているのか、一度おこなった遊びをこれでもかこれでもかと繰り返し要求してくる。

最近では、家の中での砂遊びが気に入ったらしく、我が家に着くやいなや、砂遊びの砂にまっしぐら。

嫁さんと私は、砂の後片付けが大変なので、あまりやりたくはない。

そんな私と嫁さんの気持ちなど考えていない孫は、砂をスコップですくっては、自分のズボンやシャツの上にまき散らす。

後片付けがしやすいようにと、砂の下にはシートを敷いてはいるが、容赦なくシートの外にまき散らす。

たくさん遊んだ後は、服に付いた砂を掃除機で吸い取る。実は孫は服に付いた砂を掃除機で吸い取られるのが気に入っているようだ。

掃除機で吸い取られているときは、嬉しそうに笑っている。

そういえば、砂の量が砂を購入した時の量よりかなり少なくなってきた。

そろそろ、追加の砂を購入しなければならない時期になってきたようだ。

そうこう考えている昨日、ようやく帰っていった孫と娘。

孫は遊びにきているとき、相手をするのに大変だが、帰るとなんだか淋しくなる。

これからどんな男の子に成長していくのか楽しみである。