Menu

ちょっと変わったファンタジー小説

2016年2月17日 - 日記

とあるインターネット小説を読んだのですが、変わった設定でなかなかおもしろかったです。ジャンルはいわゆるファンタジー。魔法が存在する世界で、森に住む長生きの種族であるエルフとか子鬼の種族であるゴブリンとかが出るやつです。

主人公はダークエルフと吸血鬼の間に生まれたダンピールという種族で、死んだ幽霊などを魅了する力を持っていてどんどん仲間を増やしていきます。仲間になるのがゴースト(幽霊)とかゾンビ(動く死体)とかばかりで普通だったら怖くてちょっとひきますよね。

でもそのゴーストやゾンビがとても人間味のある性格で彼らと主人公のやりとりがほんわかしてなごんでしまうのです。まだ少し読んだだけなのでこれからどんな風に物語が動いていくのかわかりませんが、また時間があったら読み進めていってもいいかなと思います。