Menu

精力剤は、医薬品に該当するもの若しくは医薬品に該当しないものが在ります

2016年3月5日 - 体のお手入れ

精力剤ですが、これは要するに主として男性の性力を活性化させる錠剤等とされています。雑誌あるいは新聞広告でよく見掛けるのですが、男性としての自信を取り戻すという言葉で宣伝営業をしていますが、精力剤とされるものには医薬品あるいは医薬品に該当しないものとに分けられるといいます。

医薬品に該当するものですが、これは、薬剤師でなければ絶対に取扱いが許されないとされる医療用医薬品とされるものが市販する事が可能とされている要指導医薬品、一般の医薬品であるものの薬剤師でなければ取扱いができない第一類の一般の市販医薬品とが在ります。何れも、薬剤師の有資格者が、利用者に対して書面を用いてコンサルティングをしてからでなければ販売は許されないとされています。効き目が非常に強いとされており、コンサルティングを受けずに使用すると死ぬ虞が在るので、薬剤に関する取締り法規に則って販売をしなければなりません。

医薬品に該当しないものも、広い意味で精力剤とされています。サプリメント類で、男性の精力機能を上げるとされている

効能が在るものが当て嵌まるようであり、薬剤師がいなくても販売をすることが可能となっています。

精力剤等で、マカというものが人気が高いとされています。マカとは、南米はペルー共和国(首都はリマ)が原産とされる多年生の植物です。アブラナ科に属しており、根は薬用ハーブとして使われているといいます。マカですが、大量の必須アミノ酸を含有しているとされており、カルシウムを多く含んでおり、三重県のとある大学に在る保健衛生施設等ではホルモン補充療法として期待ができる位の効能が在るとされているようです。

マカ以外では、銀杏の葉のエキス等が効能が在るとされています。ドイツ連邦共和国では、イチョウ葉エキスを医薬品として認証しているとされており、血管を拡張させて血の巡りを良くする効果が在るといいます。日本では医薬品として使われる事は認められていないものの、サプリメント等として販売をする事が可能とされています。

イチョウ葉エキスを含有した精力剤等が在り、それは錠剤タイプとジェルタイプとが有ります。ジェルタイプの精力剤等が人気が高いとされており、とある天然由来の成分が多く使用されている当該製品を使用すると、ジェルを塗布させた箇所に熱さが感じられるという感覚が在り、使用した人はそういった感覚を味わった事が在るとされており、効き目は在るものとみなしても良いでしょう。

イチョウ葉エキスが含有された当該ジェル製品ですが、筆者は使用した事が在ります。全くの興味本位で購入したのですが、塗布すべき部位に塗布してみると、やはり熱く感じるようであり、匂いは上品な芳香となっています。継続して使用してみたところ、塗布した部位は当該ジェルに対して敏感になっており、これは効き目が在るものといえそうです。精力剤ですが、天然由来の成分が多い製品であれば安心して使用できると言っても過言ではありませんし、サプリメント等であれば気軽に使用できます。