Menu

不利な条件になりがちな男性の離婚は気持ちを親身に配慮してくれる弁護士を味方につけよう!

2016年5月24日 - 日記

男性は女性に比べて離婚を迫られる立場が多く、言われもしない浮気の事実をでっち上げられたり、消極的な子育てなどを口実にして多額の慰謝料や財産分与を求めてくるケースが年々増えているようです。

もし、これから先も冷静な和解の話し合いが持てない可能性がある場合や、離婚後も無理なく子供の面倒を見るための適切な養育費設定をしたい時は、男性側の気持ちも平等に理解してくれる実績が高い男性 離婚 弁護士にサポートを依頼するようにしましょう。

良い弁護士を味方に付ける事ができれば、男性側にも有利な方向で均等な財産又は年金の分割ができるメリットがありますし、口下手な性格の人でも強く要求したい要件を簡潔に文書や口頭で代理で配偶者の女性側に伝えてくれ、納得のいく協議離婚又は調停ができます。

又、協議離婚が成立しなくて裁判所での訴訟離婚になる場合は、弁護士の力を借りるのは尚更必要不可欠になり、面倒な申立書の書類作成や証拠集めなども忙しい男性側に代わって行動してくれます。

特に男性の場合は、平日の日中は専ら働いていて相談面会時間も十分に取れない可能性があるので、土日でも電話やメールで受付対応をしてくれる親身な法律事務所を最初から探すほうが望ましいです。

勿論、離婚調停する事で勤務先や親戚などに迷惑を掛けたくない時でも、プライバシーを厳重に尊重しながら手続きを進めてくれる法律事務所も多くあるので、1人でくよくよ悩まずに心身ストレスをこれ以上大きくしないためにも早期に弁護士に相談するのが賢い考えになります。