Menu

本は寝ころびながら読むものじゃない!

2016年8月31日 - 日記

どうにもこうにも肩が凝って不快なために、マッサージを受けに行きました。

私的にはパソコン仕事が主な理由だと思っていたのに、「左右のバランスが違いすぎるから、姿勢が悪すぎるのが原因」と指摘されたのです。

パソコンをしている時には姿勢が悪くなるのを防ぐという椅子を使っているので、そんな自覚はありませんでした。

それを伝えると、「じゃあ、寝ながらテレビを見たりする習慣は無い?」と聞かれて、ピーンときました。

おそらく、寝る前に仰向けになってハードカバーの重い本を読むのが日課なのですが、いつも右側の方に負荷がかかるような格好になっています。

再現しつつ、「これが原因かな?」と聞くと「間違いない」との返事。

やっぱり。

マッサージの先生曰く、「交互に負荷がかかるならまだしも、一方だけだと背骨にも影響してくるから即やめるべき。第一、本は起き上がって帆むものなんだから、今のままじゃ視力にも悪影響を与える」と。

端折ると、こんな類のことを言われたのですが、実際は延々と小言を言われた感あり。

私も肩こりで首もまわらなくなってきたし、いつも頭痛があるし、懲りました。

反省。