Menu

ペット火葬は今の時代に合っているペットの埋葬の仕方

2016年10月20日 - 日記

愛するペットが亡くなったらその遺骸はどうしますか?

昔であれば庭の隅に埋葬する、ということもできましたが、マンション住まいが多い現代ではそれもできません。とはいえ愛するペットですから、亡くなった後もぞんざいに扱うのは気持ち的に許せないでしょう。

そういう時にはペット葬儀の会社に依頼をしましょう。東京でも大阪でも、ネットでペット火葬 大阪などと検索すればたくさんの業者が表示されます。

ペット葬儀の会社がしてくれることは以下の通りです。

まず、電話で連絡をすると、火葬の設備のついたワゴン車などで自宅まで来てくれます。そして遺骸を渡すと、煙を出してもよい場所まで移動をして、ペットの遺骸を火葬してくれます。そして約束した時間にまた自宅周辺まで戻って、お骨になったペットを戻してくれます。このお骨を自分で扱ってもいいですが、自宅に安置する場所がない場合などは、依頼をするとペットのお骨を集団で埋葬する場所まで持っていて、土に戻してくれます。その場所には、石碑など立っているので、そういう気持ちがあればその場所までお参りに行くことも可能です。

こういうサービスをしてくれて、費用的にはだいたい2~3万円です。

このようにペット葬儀は、亡くなったペットの遺骸をぞんざいに扱いたくない、人間と同じようにしっかりと火葬して埋葬したり安置してあげたい、という飼い主さんの気持ちにしっかりと寄り添ったビジネスだといえます。