Menu

復讐代行業務と現代社会

2017年1月7日 - 日記

復讐代行とは依頼者から報酬を受け取り依頼者に代わって様々な方法で嫌がらせを行うことである。現代社会では会社や友人関係、会社のトラブルなどなど様々なストレスを抱えております。そういった社会の中でどうしても許せないことが起きた場合に利用する人がいるのが事実です。基本的に復讐を代行すること自体は法に触れず犯罪にはならないが復讐行為自体が犯罪であると法に触れ犯罪行為によって罰せられることがあります。

よくある事例にやはり男女関係のもつれによるものが多いそうです。不倫の行く末に復讐代行にたどり着いたり、分かれた男に復讐、裏切り行為等々。いずれの場合も復讐代行業者によって復讐内容は異なるようですが実際にお話を聞いてみるとどれも中途半端な嫌がらせではなく精神的に究極的に追い詰めるものが大半のようです。不倫による復讐代行の場合は交際相手であった男の家庭を崩壊させたり、対象を奥さんへ向け家庭内で孤立させる、職場から退職に追い込むなど。分かれた男への復讐でも同じように精神的に追い込んだり会社から退職させるよう仕向けたりする。どれも足のつかない恐ろしい嫌がらせであることがほとんどのようです。

さて復讐代行屋さんはどういった方々が依頼を引き受けるのでしょうか。

復讐代行と聞くとどうしても怖い方々が請け負っているイメージが先行してしまいますが、もちろん犯罪組織に関わっている人もいれば探偵が副業で請け負っていることも実は非常に多いようです。復讐代行は力ずくで遂行するのではなく復讐する相手の情報が全てのようです。情報や心理的な面から復讐を遂行するためより専門的な知識が必要なようです。素人が下手に復讐を行おうとすると足がつきますがそのような専門的な裏づけに基づき動くため足がつくことは決してありません。報酬に関しては実際に依頼しないとわからないシステムになっているようです。また復習遂行後に報酬支払いすることが多いようです。

このような我々の一般生活では目にすることのない復讐代行業務。

使わないことに越したことはありませんがこの日本のストレス社会いつどのように誰に不幸が起きるかわかりません。何かのときのためにこの復讐代行という言葉を覚えていても損はなさそうです。