Menu

聴くと虜になるラジオとは長い付き合いになっています

2017年8月21日 - 日記

皆さんラジオはお好きでしょうか。

私は小学生の頃からラジオが大好きで、テレビよりも長時間接しているということも多くあります。

 

なんでこんなにラジオに惹かれるのかをふと考えたことがあります。

そこで分かったのがパーソナリティーの個性がわかりやすいということでした。

 

テレビのバラエティーは生放送でもない限り大幅に編集が加わりますが、ラジオのトーク番組などはたとえ収録だとしても、所々編集するということをしておらず、ほぼそのまま放送しているように思われます。

 

そのためパーソナリティーをつとめている芸人やタレントの生の意見を聞くことができ、彼らの人間性に共感を覚えることがあるためなのかもしれません。

 

今ではパソコンやスマホアプリなどで行ったこともない地方のラジオ番組がクリアな音で聴けるようになりました。

その昔ダイヤルを回して遠くのラジオ局の電波を雑音交じりに受信していたことを考えると、本当にいい時代になったと思います。

 

でも世の中には日常の生活の中でラジオを全く聴かない方も多いと聞きます。

聴けば魅力に取りつかれるのにと考えると、何だか残念に思います。

 

災害時の情報伝達手段として絶大な効果のあるラジオですが、普段の放送の魅力も知ってもらいたいと思っています。

受信機の形態は変わっても、ラジオはずっと続いてほしいです。