Menu

TPPによるグローバル化のこと

2015年2月20日 - 日記

ちょっと前には、ネットでもニュースでもよく見かけていたのですが、最近は前程は耳にしなくなってきました。その問題よりも優先させないといけない問題が多すぎるのかなと思っています。

海外と取引ということになると、色々と問題が出てくるであろうことは想像できます。

アマゾンというインターネットで注文を受け付けるサービスは、誰もが知っています。アメリカの企業であることもよく知られていることです。このような企業と日本の企業が、同じ市場という土俵で商売をするのにも国内と国外という違いからくる格差を考えなくてはいけないのです。以前から少しは進展しているのかもしれないのですが、消費税にまつわる問題はどうなったのか興味があります。元々アマゾンは、海外の企業なので日本国内に課せられる消費税を徴収されないで済むという優位みたいなものがありました。電子書籍などは、データ自体が海外に存在するので国内の消費税をかけられないという建前が、その後どうなったのか知りたいところなのです。