カラオケに行ったは良いけど……

先日、友人とカラオケに行って来ました。

お互いに嫌なことが続いてムシャクシャしたので、思い切り歌ってストレスを解消しよう!

という計画でした。

それにカラオケは、飲み屋と違ってお通し代がかからないし、人の目や耳を気にしなくて良いし。

おまけに電話一つで、食べ物も飲み物も届くので便利ですよね。

お店によってはドリンクバー付きで、飲み放題ですし。

 

しかし、この間はお互いに一曲ずつ歌った時点で、食べ物が届きました。

早く腹ごしらえして、また歌おう!

と箸を手に取りましたが……。

食べながら、話が盛り上がって止まらなくなりました。

「ちょっと聞いてよー!」

だの、

「なにそれ、それは災難だねえ」

だの。

 

気付いたら歌そっちのけで、ずーっとおしゃべり。

カラオケは密室だし防音に優れているので、実はおしゃべりにもうってつけなのです。

 

いつの間にか時間で、全然歌わずに終了。

二人とも、苦笑いでした。