涙もろくなってきてしまったのは

最近、私は涙もろくなってきてしまったと思う。それというのも、ドラマを見てもアニメを見ても映画を見ても、号泣することが増えたためだ。昔はこんなに泣くことはなかったと思うのだが、どうも涙腺がゆるくなってしまっていた。

特に家族関係の温かい感動話に弱いらしく、すぐに鼻の奥にツンとくる。なぜだろうと思った時、テレビか何かで聞いた話を思い出した。年齢を重ねるごとに、人は涙もろくなっていくらしい。それは経験が蓄積されいき、その物語に感情移入や共感をしやすくなるからだとか。

思い出して、なるほどと思った。それならば、私はこの先涙腺が締まることはなく、これからもゆるゆるになっていくのだろう。別に嫌というわけではないのだが「歳をとってしまったんだな…」とちょっと切ない気分になったりした。録画した刑事もののドラマを見て犯人の家族話に泣きながら。

そう、刑事ものだ。私、別に泣ける!と噂のドラマを見ていたわけではなかったのだ。それだけに本当に涙もろくなったことを感じてしまったのである。でも悪いことではない。それだけ人の気持ちがわかるようになっているということなのだから。これからもバンバン泣いていくしかない。意識しなくても、涙は出るものなのだが。