世間に広まりつつある終活について

終活は2011年の有効五体賞ノミネートされ毎日テレビや座視など各種メディア登場してます。終活知ってるか?というアンケート調査では60歳以上の方で知ってたが全体5割でした。そして。約93%の人が知ってたか、聞いたことあるといっていて、いまや終活は1回は聞いたことある言葉なのです。

そしてこれが必要と考えるのかに対して全体47%の方が必要といっています。また、いま日本は世界のうち超高齢社会となってる国です。そして、皆さん自分のエンディングどこで迎えたいでしょうか?昔された調査では約5割の方が自宅希望するといった回答あったのです。

ですが、実際自宅で最期迎える方約13パーセントにとどまって、全体約8割の方が施設か病院で最期を迎える模様です。そしていろいろな社会背景で自分のエンディングに対し不安などと一緒に家族に負担かけたくないなど課象に対して思いが時代とともに増してるのに気づかされるでしょう。

そして終活していってこれまでの人生振り返ってこれから先の人生どうありたいのか考えて整理して心配などがあれば具体的に見えてくるのです。いままでの生い立ちや生活環境や人生観など千差万別で消して同じ境遇の方はいません。

そして不安、心配事など一人づつ違いあって、あなたの不安など明確になることにより気持ち整理できて、解決策見いだせるのです。また、家族、大事な方へ精神的、肉体的な負担かけたくないといった思いは誰でもあるでしょう。終活してみて家族、大事な方へ伝えなくてはならないこと、あなたの想い形にすること、相続の問題などのこれから先想定される課題に対して生前元気なうち手を打つことが可能です。

そして、家族、大事な方へ負担減らせられるのです。またエンディング無開ける時こうすればよかったなど後悔したくないでしょう。終活をして、残された人生いかに充実した悔いのない人生にすることができるか見出せます。

特に1人暮らしの人などもこれから増えてくると予想されます。元気な時はおひとりさまでもなんら問題ないですが、高齢になってくればいろいろと問題も出てきます。またパートナーがすでに他界している場合や家族がいない人などは、墓じまいを考えている人も増えてきているようです。墓じまいをするときには永代供養のことなども含めて考えておく必要があります(参考記事:墓じまいをして永代供養墓に遺骨を移すときに確認をしておくべきこと

また、終活は一般的になって自分の最後について考える方多いでしょう。ですが、実際どういた手順ですればいいか、遺言書作るのにも何書けばいいかなど疑問がある方がほとんどのはず。終活は人生の最後安心して迎える準備で広く日本で使われています。