ついに仕事を辞めました

約1年かけて計画を立てた退職計画がついに終わりました。
起業したいと思ってから、4ヶ月で、会社に報告。そこから7ヶ月から8ヶ月かけて退職準備をしてきたのです。
きっかけは、友人とのランチ。ちょっとしたグチを言うつもりで、話をしていたのです。すごくいいわけではないけれど、生活できる給料、すごく楽しいわけではないけれど、いやでもない仕事、人間関係は良好。続けようと思えば続けられる、そんな状況でした。
「贅沢言っちゃいけないってわかってるんだけどさ~。」と話をした後に付け加えると、相手の友人からこんな返事が。
「え?仕事場って1日の生活で大部分を占めるところだよ。不満があっていいとは思わないよ。」正直、意外な回答でした。でも、「ああ、この人はこういう人だった!」と思い直しました。彼女はいつだって、思い立ったらすぐ実践をしてきた人。しかも実現してきた人。こういう人になりたいと思って努力してきたのに、またこの人に教えられてしまったな!と、ハッとしました。他の人に言われていたら、私は今会社を辞めていたかどうか、わかりません。彼女だったから、刺さったのだと思います。迷いませんでした。
お世話になった会社に迷惑をかけないように、十分な時間を残して報告しました。
辞めたという事実がすでに裏切りとも言えるかもしれませんが、精一杯の礼儀を尽くしたかった。そして、それがついに終わったのです。今日から自由です。自由というのは、素晴らしいですが、恐ろしいとも言えます。自分の行動が全て自分にはね返ってくるから。
今日からしっかり見つめ直して日々に臨みます!