若いときにフリーランスのエンジニアになる

フリーランスのエンジニアというのは、いわばその道のプロということです。つまりできない仕事がほとんどなく、自分ひとりで何でもできてしまうほどのスキルがあるので、フリーランスになれるのであり、その信頼を得ているので、仕事を受注できるということです。なんとなく試行錯誤で仕事をする、そのようなレベルではなく、確実に仕事を理解しており、エンジニアとしての経験と実績を得ている人のことです。

そのような人は、どこにいっても、仕事には困らないし、すぐにでも仕事ができるだけの柔軟性を持っています。若い人たちが、フリーランスのエンジニアになる人が増えていますが、それだけのスキルがあるのでできるのであり、稼ぎもその仕事に応じてのものです。貪欲にやればやるほどに稼げる、それがフリーランスのエンジニアであり、若いときに、ちょっと努力しておくと、あとは仕事に困りません。