ラムネ好きだけどなんでもいいわけではないのです

母は私のことをお菓子のラムネが好きだと思い込んでいる。
それは間違っていることではありません。
確かにお菓子のラムネを食べることが好きです。
でも気付いてほしいことがあります。
ラムネだったらなんでも好きではないということをです。
私には私のこだわりがあります。
私の好きなラムネは硬いラムネよりも、舌ですぐにとろけるような粉っぽいラムネです。
そして硬いラムネで好きなものはココアシガレットとかミニコーラのような酸味がないラムネのことです。
酸味のある硬いラムネはあまり好きではありません。
母は私はラムネだったらなんでも好きだろうと思い込んでいると思うので、あまり好きではないラムネを買って来ることがあります。
前は頑張って食べていたけど今は食欲もないし食べる気分になれません。
今もそこに長いことずっと母が買って来た好きじゃない方のラムネが放置されている状態なのですが、誰も食べる人もいないしもったいないですが捨てようか迷います。