高価な遺品整理をする必要が生じる

愛する家族を亡くすというのは、耐え難い苦痛を与えるものであり、しばらくはなにも手につかないかもしれません。家の中にいつもいた人が、今はいない、その現実を受け入れることができないこともあります。

とはいえその家の中に残されているものといえば、遺品であり、その遺品整理をしなければなりません。物を集めるのが大好きで、部屋中にたくさんの物がある場合には、これを整理整頓するのが大仕事になります。

家族みんなが集まり、これらをどのようにするのがベストなのか、話し合うことができます。いろいろな意見があり、全部捨ててもいいのではないか、あるいは一部を残す、洋服などは家族のだれかが引き継ぐとか、いろいろあります。それに家族の世帯主が亡くなる場合には、相続や名義変更などを早めにしなくてはなりません。遺品整理には自動車や証券、家、高額の不動産なども含まれるかもしれません。