サツマイモ料理は食事?それともお菓子?

女性はサツマイモやカボチャや栗が好きな人が多いって言われてますが、私もそんな中のひとりです。
特に子供の頃からサツマイモが大好きで、母がふかしてくれるお芋や、食事の時に出てくる大学芋などが子供の頃とてもうれしかった記憶があります。

大人になった今でも家族のためにサツマイモ料理をいろいろ作りますが、どうも私の家族は食事としてサツマイモが出てくるのがあまり好きじゃないようです。我が家の男性は「サツマイモ=甘い=食事じゃない」って思うみたいなんですね。でもおやつとして出すと「おいしい!」とけっこう喜ばれるので不思議なものです。

そんなサツマイモですが、最近はスーパーなどで手に入る手頃な価格のものでも糖度が高くて甘いのがうれしいです。一昔前は家庭では蒸し器で時間をかけて蒸していたようですが、今は電子レンジでチンするだけでも充分おいしいですし、フライパンでバターやオリーブオイル焼きにするのも簡単でおいしいです。
そう考えると今のサツマイモって昔よりも甘いので、食事よりもおやつという位置づけになっていても不思議じゃないかも?と思ったりします。