Menu

カセットテープのデジタル化について

2015年6月3日 - 日記

時代の進化によって以前使っていたものが段々使われなくなっています。その中の1つにカセットテープがあります。昔はカセットテープが主流だったため好きな音楽をカセットテープに録音して保存し聞いていた人も多かったのです。近年ではカセットテープを聞くデッキを見つけるのも大変になっています。

しかしカセットテープのデジタル化ができるようになったため、今はデジタルデータにして残すことができるのです。残すためには専用のソフトやプレイヤー、ケーブルなどを購入する必要があります。最近では専用の変換プレイヤーで簡単に変換する事ができるようになっています。しかし自分ではよくわからない、ノイズなどがなく綺麗な状態で残したい、という場合には専門の業者に依頼することもできます。価格やサービス内容は業者によって異なっているため、一度見積もりを取って見るとわかりやすく、また比較しやすくなります。